J.A.K.A.M. / COUNTERPOINT EP.7

J.A.K.A.M. / COUNTERPOINT EP.7

【12inch Vinyl】

SIDE X. Ile Aiye
Voice : Jo
Tonkori : Oki Kano
Drumz : Keiichi Tanaka
Mizmar : Mozmar
Piano : Eudys Morales
Percussions : Kepel Kimura & Tinnen
Synth : Jebski
MIX : JUZU a.k.a. MOOCHY

SIDE Y. Internal Vision (Analog 12:34 / Digital 14:41)
Kora : Karamo Cissokho
Balama & Kavash : Ibrahim Koma Azad
Sax : Takehide "KIDS" Hashimoto
Voice : Cafer
Violin : Kyoko Oikawa
Bass : Shoji Ishiguro
Timba : Eudys Morales
Drumz : Keiichi Tanaka
Daf &Percussions : Hogir Göregen
Percussions : Latyr Sy, Tinnen & Senegal Crew
Qraqab : Toshihito Tsushima
Spoon : Levent Akman
MIX : YAS INOUE
------------------------------
Mastering : Sinkichi Kadoya
Cutting : Shunsuke Nishiya
Design : Yuuki Ikegami
A&R : Nobuhiro Furuichi
Produce : Takashige J.A.K.A.M. Miyawaki

Product NO : KOKO-037, TANX-20015
Label : crosspoint/tanx
Media : 12inch Vinyl
Release Date : 2015.7.11

soundcloud
https://soundcloud.com/crosspoint-1/sets/counterpoint-ep-7
---------------------------------------------------
ヨルバ語で「魂の家」もしくは「地球」を意味する「Ile Aiye」がSIDE Xに収められたJUZU aka MOOCHYの〈COUNTERPOINT EP〉シリーズ第七弾。 その「Ile Aiye」では冒頭、西アフリカの伝統弦楽器コラにも似た音色が聴こえてくるが、これはアイヌのトンコリ。奏でるのは、JAKAMの盟友でもあるOKIである。 滋味深い歌声を聴かせてくれるJoはプロフェッショナルな歌手ではなく、ブラジルはサルヴァドールに住む(JAKAMいわく)「メディスンマン的なところもある重鎮のオバさん」。 こういう人を起用してくるのも本シリーズのおもしろさだ。一方、各国の打楽器が絡み合いながら螺旋状に上り詰めていくSide Xの「Internal Vision」も素晴らしい。 14分を越える長尺曲ながら、さまざまな展開が用意されていて最後まで聞き逃せない。ダンス・フロア向けのDJツールでありながら、リスニングにも耐えうる構成力と強度を持つ2曲。 イーヴンキックが「魂を解放するための乗り物」であったことも再認識させられる。
大石始(ライター/編集者)
---------------------------------------------------
After a long sojourn, a true Asiatic, aural nomad and supremely passionate musical alchemist, Tokyo-based producer/ DJ, owner of the label, Crosspoint, Moochy a.k.a. J.A.K.A.M. (Juzu A.K.A. Moochy), has arisen once again, with quite a unique project for 2015 entitled, Counterpoint.

Starting from January, on the 11th of each month until September, Crosspoint will be releasing a 2 track single (mostly on either 12" or 7" vinyl format) of new material produced by J.A.K.A.M. For this endeavor, Crosspoint is collaborating with Toyokasei, the main Japanese vinyl pressing plant. Tracks included in these monthly singles will also be released on various digital sites as well.

Since releasing his last album, Re:Momentos "Movements" 4 years ago, J.A.K.A.M. has traveled the world, to a wide range of regions such as the Middle East, Latin America and African continents, absorbing as much of the esoteric vibes in each culture and heritage as possible, and also collaborating with many local musicians. This new project, Counterpoint is the fruits of his eclectic musical journey. Each EPs are J.A.K.A.M.'s postcards from the edge, enthralled in potent sonic stimulus and messages, aimed at penetrating the deep consciousness.

In Counterpoint, J.A.K.A.M. delivers his unique take on a new tangent, a genuine fusion of "counter point" musical integration that intertwines the diverse cultures with his Far-Eastern heritage and his own ever-evolving, refined, signature musical philosophy. Connecting the dots as only he can, this project tries to place a new "counter point", a new point of reference where a genuine evolutionary, creative energy reigns supreme.


J.A.K.A.M.
Counterpoint E.P. 7
KOKO-037
12 Inch Single
release date: July 11th, 2015

1. Ile Aiye
2. Internal Vision

As if approaching the end of this sonic escapade, the 7th chapter of Counterpoint series, pays homage to Ile Aiye, home of the "Soul" or "Earth" in Yoruba. The contemplative Ile Aiye features the optimistic spoken word by Jo, a god mother like figure/ healer from Salvador, Bahia that J.A.K.A.M. met while traveling through Brazil. Jo sings about "It's better to die than to lose your life". This track once again features Tonkori playing by Oki of Oki Ainu Band who also appeared in Rise Again, the 1st EP in this series.

Literally, an expansive music journey, conceived via Senegal, Turkey, Japan, Cuba, J.A.K.A.M. pulls together a wide range of culture, race, instruments, players, melodies and rhythms, to create an epic, tribal tour de force. A grand jam session that takes you on a microcosmic, multi-faceted sound dimension called Internal Vision.

Written by Ken Hidaka (hang outer)
---------------------------------------------------
JUZU a.k.a. MOOCHY の別名義“ J.A.K.A.M. ”のアナログシングル連続リリースの第七弾。

2015年の1月から始まったこの連続アナログリリース企画、9月リリースの最終タイトルまで残すところ今作を含めて3タイトルとなりましたが、 徹底した世界への探究と独自の視点から生み出される楽曲は、斬新でありつつもひとつのダンスミュージックとしてのグルーヴ感は維持し続けるという、 他に類を見ない強烈な作品群となっています。

SIDE Xの“Ile Aiye”は、第一弾シングルの“RISE AGAIN”でもJ.A.K.A.M.との相性の良さを確かなものとした、 OKI DUB AINU BANDのOKIが奏でるアイヌの弦楽器トンコリと、ブラジルのバイーア州サルヴァドール在住の街のゴッドママ的な存在であるという、 Joのポエトリーと歌の絡みが印象的な、透き通った雰囲気と躍動感が同居したスピリチュアル・トライバルチューン!

またブラジルのリズム楽器パンディエロとエジプトの管楽器Mizmarが、ここはバイーアかはたまた中東の何処の国か・・・という異国の街の喧騒を喚起させるアクセントとなり、 全体的に希望に溢れ太陽が降り注ぐようなメロディとウワモノが聴く者に命の鼓動を与えるこの“Ile Aiye”(イレ・アイェ)ですが、それもそのはず、 このタイトルは、アフリカ文化が今も息づくブラジルのサルヴァドールに鎮座する、泣く子も黙るバイーア最強のブロコ・アフロ(カーニヴァルチーム)のIle Aiyeが 自分等のチーム名にするほど強力な言葉であり、ヨルバ語で「生命の家」「魂の家」を意味します。
J.A.K.A.M.自身が数年前に訪れたサルヴァドールのカーニヴァルで体験したそのIle Aiyeの強烈な生命力と破壊力あるグルーヴ感と、 シャーマン的な人物であるという事以外詳細不明なJoの力強いヴォーカルの存在感と抽象的なリリックの対比、 そして「それでも生きろ」というメッセージが込められた楽曲となっています。
MIX は JUZU a.k.a. MOOCHY 本人が担当し、骨太さと弾けるような瑞々しさのある力強い素晴らしい仕上がりとなっています。

SIDE Yの“Internal Vision”は琴のような響きを持つ西アフリカの楽器Koraやアラブヴァイオリン、クルド人の歌声等、艶ある旋律が繰り広げられる抒情的な前半と、 大地を駆け抜けていく様な疾走感と高揚感あるトライバルな後半からなる、まるで一編の映画を見ているかの様な壮大なダンスチューンです。
またこちらはアナログver.は14分、デジタルver.は12分と内容が少し違うので、どちらも要チェックです!

J.A.K.A.M.自身が近年訪れたトルコのクルド人エリアであるディヤルバクルで現地録音された歌と弦楽器バーラマ(トルコではサズ)、 横笛のカラヴァッシュ等の美しくも悲哀あるメロディ。そこにセネガル~トルコ~日本~キューバまでの様々な国籍、人種、楽器の強者達が奏でる 強靭なリズムとメロディが色彩やグルーヴを織りなし、音楽やダンスといった人類にとって最強なツールを通して、内面を見つめそれを現実に落とし込む 作業かのように肉感的で野性味溢れるDEEPなこのトラックは、全ダンスミュージック好きはもちろん、中東やアフリカ等様々なワールドミュージック、 またロックや映画音楽好きなど、幅広い層にアピールすること必至です!

こちらのMIX は NY 在住の日本人、Masters At Work 等で幅広く知られる“Little”Louie Vega の専属エンジニアである Yas Inoueが担当し、 繊細さと大胆さの共存する力強くも抜群のクオリティとなっています。

喜びを享受し、時にはこの地を憂い嘆き、しかしそれでも荒野を走り抜けていく力強さに満ち溢れた大作2曲!

また全作品に共通しているJ.A.K.A.M.本人による、世界各地や日本国内の感性豊かなミュージシャンから直接録音をし、それを再構築して作られる楽曲は今回も健在で、 テクノロジーと人間臭さ、電子と生楽器のグルーヴ等、サンプリングが当たり前の現在、聴く者へ生の瑞々しさと息づかい、 そして古代から続く人間の果てしない創造力を感じさせます。

J.A.K.A.M.の音の探究は続きます。

---------------------------------------------------
Lyrics of Ile Aiye

夜中に太陽が水平線の上で輝いている

金髪の姉ちゃんに
はげ頭のジイさんがその横で読みながら話す
ジイさんが言うには
”人生を失うよりは死んだ方がましだ”

木の木陰に3羽の小鳥がいた
それぞれの過去を話し合っている
”人生を失うよりは死んだ方がましだ”

瀧のほとりにめくらの老人が
本読んでいる
彼もまた言う
”人生を失うよりは死んだ方がましだ”

牛たち、木、鳥たちは仲良くやっている
彼らも話す
”人生を失うよりは死んだ方がましだ”

陽気な感じで
”人生を失うよりは死んだ方がましだ”

弦楽器と太鼓
私の側はめくらだ

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 900円
    • 東北

      • 青森県 600円
      • 岩手県 600円
      • 宮城県 600円
      • 秋田県 600円
      • 山形県 600円
      • 福島県 600円
    • 関東

      • 茨城県 600円
      • 栃木県 600円
      • 群馬県 600円
      • 埼玉県 600円
      • 千葉県 600円
      • 東京都 600円
      • 神奈川県 600円
      • 山梨県 600円
    • 信越

      • 新潟県 600円
      • 長野県 600円
    • 北陸

      • 富山県 600円
      • 石川県 600円
      • 福井県 600円
    • 東海

      • 岐阜県 600円
      • 静岡県 600円
      • 愛知県 600円
      • 三重県 600円
    • 近畿

      • 滋賀県 700円
      • 京都府 700円
      • 大阪府 700円
      • 兵庫県 700円
      • 奈良県 700円
      • 和歌山県 700円
    • 中国

      • 鳥取県 800円
      • 島根県 800円
      • 岡山県 800円
      • 広島県 800円
      • 山口県 800円
    • 四国

      • 徳島県 800円
      • 香川県 800円
      • 愛媛県 800円
      • 高知県 800円
    • 九州

      • 福岡県 1,000円
      • 佐賀県 1,000円
      • 長崎県 1,000円
      • 熊本県 1,000円
      • 大分県 1,000円
      • 宮崎県 1,000円
      • 鹿児島県 1,000円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,100円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する